【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

米トランプ大統領の顔の色が、「オレンジ色に見える」と思ったことはないだろうか?アメリカでは、彼が大統領に立候補した頃から徐々にオレンジ色が濃くなっていることや、その理由を知りたがる声が継続的にトークショー番組やSNSを賑わせているが、小麦色の肌を手にいれたいのはトランプ大統領だけではないようだ。


アメリカ史上最大規模の大学入試スキャンダル

アメリカ史上最大規模の大学入試スキャンダル

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。先月12日に明らかにされたアメリカの複数の名門大学への不正入学に絡む贈収賄事件。この事件の問題のひとつとされる「レガシー・プログラム」に関する記事は当サイトでも既に公開しているが、アメリカのこの現状に物申すリベラル派アメリカ人ライターは、これはトランプ大統領のせいだと言う。その根拠はいかに?


トランプを嫌い過ぎて、常軌を逸した米大手メディアたち

トランプを嫌い過ぎて、常軌を逸した米大手メディアたち

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、トランプ政権が嫌い過ぎた故に、「自作自演でヘイト・クライムの被害者を演じた、リベラル派の俳優」が起こした事件について。


トランプ大統領のゴルフ仲間はどんな人たちなのか?

トランプ大統領のゴルフ仲間はどんな人たちなのか?

安倍首相とゴルフをしながら会合をしたトランプ大統領のゴルフ好きは世界的にも知られているが、大統領就任から2年少々の間に174回もゴルフをしていることがニュースになっている。どんな人たちとコースを回っているのだろうか?


リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

トランプ大統領が唯一、フェイクニュースと呼ばないテレビ局としても知られる「FOXニュース・チャンネル」が、米ケーブル局の視聴率調査でCNNなどの大手局を抑えて、堂々たる1位を継続中だ。なぜ、FOXニュースはこれほど人気が高いのだろうか?


トランプ大統領、保守派も唖然としたタブー発言で人気高騰

トランプ大統領、保守派も唖然としたタブー発言で人気高騰

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ポリティカル・コレクトネスに反するとして、歴代の米大統領たちが「演説や発言では使わなかった三文字」をトランプ大統領が頻繁に使うことについて。


テキサス人はなぜ「国境の壁」建設を歓迎するのか?

テキサス人はなぜ「国境の壁」建設を歓迎するのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はメキシコとの国境隣接州に住むテキサスの人々の多くが、トランプ大統領の壁建設を支持する理由を紹介しよう。


【Red vs. Blue】大統領悲願の国境の壁、国境沿いの住人の生活はどうなるのか?

【Red vs. Blue】大統領悲願の国境の壁、国境沿いの住人の生活はどうなるのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、トランプ大統領による国境壁建設案が、国境周辺で生活するアメリカ人の権利を侵害する問題について。


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


2019年、「狂気vs正気」アメリカはどこへ?

2019年、「狂気vs正気」アメリカはどこへ?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。2019年は米大統領選挙の前年。次期大統領候補者についての話題が増えるのは必須だ。ますます国の分断が進みそうな予感だが……?


パーティーを盛り上げるゲームの主役はトランプ大統領?!

パーティーを盛り上げるゲームの主役はトランプ大統領?!

アメリカではホリデーシーズンに集まる親族や友人たちと食後のテーブルを囲んでボードゲームを楽しむことが多い。デジタル化が進んだ今でもその需要は高いが、世相を表すものは特に人気がある。そんな中、特に注目されているトランプ大統領関連ゲームを紹介しよう。


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。年末を迎えた今回は、テキサスに暮らす保守派たちが選んだ「2018年のフェイク・ニュース トップ5」を著者の解説つきで紹介しよう。


米連邦最高裁の均衡が崩れた危険なアメリカ

米連邦最高裁の均衡が崩れた危険なアメリカ

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ大統領が指名した米連邦最高裁の新しい判事が、多くの米国民が反対する中でも就任したことについて、リベラル派の著者がリベラルの視点から意見する。


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


【Red vs. Blue】トランプ大統領、ロシア疑惑調査文書の機密解除指示を撤回

【Red vs. Blue】トランプ大統領、ロシア疑惑調査文書の機密解除指示を撤回

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領が 突然、自身のロシア疑惑調査の機密を解除した背景に関して保守派、リベラル派が意見を交わす。


「大手新聞の一斉トランプ批判」への批判

「大手新聞の一斉トランプ批判」への批判

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。全米300紙以上の新聞が8月18日、一斉にトランプ大統領を批判する社説を掲載した。そして、この批判への批判もチラホラ……。


メラニア・トランプのファッション、HOW MUCH?

メラニア・トランプのファッション、HOW MUCH?

常に華やかでスタイリッシュ、カジュアルからフォーマルまで完璧に着こなすメラニア米大統領夫人。現在はアメリカ国籍だが、スロベニアからの移民で、渡米前はその180㎝の長身を生かしてモデルとして活動していた。今日はそんな彼女のファッションにフォーカスを当ててみよう。


「宇宙軍」創設!? 中間選挙へ向けたトランプの新戦略

「宇宙軍」創設!? 中間選挙へ向けたトランプの新戦略

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ政権が「米軍に新しく宇宙軍(Space Force)を加える」と提案したことについて。この提案に湧くトランプ支持者たちを、リベラル派の著者はどう見るか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング