テクノロジー

テクノロジー

アメリカで注目の科学技術、工業技術についての情報

テクノロジーに関連するキーワード

宇宙
>>テクノロジーに関連するキーワード一覧

テクノロジーの記事一覧

スフィロ・リングで誰もがミュージシャンに!

スフィロ・リングで誰もがミュージシャンに!

 子どもでもプログラミングが可能な球体のロボテック・トイとして知られるスフィロ社の「Sphero(スフィロ)」。アメリカでは小学校や中学校の授業でも使われているテック商品だが、日本でもかなり浸透しはじめた感がある。そのスフィロを作った会社が、ウェアブルな音楽ガジェットを発売して話題になっている。


フォードが宅配ロボット動画を公開 ロボット配達人の動きに注目!

フォードが宅配ロボット動画を公開 ロボット配達人の動きに注目!

米自動車大手フォードは、自社の自動運転車に搭載した二足歩行の宅配ロボットがドアの前まで荷物を運ぶ実験の開始を発表。そのロボットの動き方を撮った動画が公開され、大きな話題を呼んでいる。


授乳中の働く女性から熱い支持! テックな搾乳機

授乳中の働く女性から熱い支持! テックな搾乳機

働きながら赤ちゃんを育てている女性たちは、世界中に大勢いる。そんな女性たちに支持されている驚きの搾乳機がアメリカにある。「こんなことまで、テックになったか!」という驚きのツールとは?


テックなガジェットで糖尿病を改善

テックなガジェットで糖尿病を改善

人口の推定7.2%が糖尿病を患っているといわれるアメリカで、自宅で簡単に血糖値をチェックできるガジェットが販売され、注目を集めている。開発会社のビジネス・スローガンは「日々のチェックで、アメリカの糖尿病人口を減らそう!」というものだ。さて、その商品とは?


新生児ICU治療に革命を起こす最新モニターとは?

新生児ICU治療に革命を起こす最新モニターとは?

米ノースウエスタン大学の研究チームが実用化を目指し、開発を進めるモニターが新生児医療に革命をもたらすかもしれない。医療的観点からも、親子のスキンシップを深める観点からも期待値が高い、新しいモニターとはどんな形状なのか?


キーボードのないキーボードが変えるVRの世界

キーボードのないキーボードが変えるVRの世界

ウェアブル型ガジェットには様々な商品があるが、最近アメリカで話題のなっているガジェットのひとつは、ウェアブル・キーボードの「TAP」だろう。特に昨年秋にVRへの文字入力対応を発表してから、そのニーズが高まっているようだ。


ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ベンチャー・テック企業がひしめく大都市、サンフランシスコ。一大観光地でもある同市のダウンタウンに今年、「ロボットがバリスタ」という無人コーヒー・バーが誕生し、話題になっている。洗練されたデザインのカプセルの中で、エスプレッソやコールド・ブリュー・コーヒーをロボット・バリスタが提供する「Cafe X」を紹介しよう。


アヒル型ロボットをがんと戦う子供たちへ

アヒル型ロボットをがんと戦う子供たちへ

医療・がん保険の「アフラック」と聞けば、多くの人はコマーシャルに登場する、コミカルでちょっとトボけたアヒルを思い出すだろう。そのアヒルを模したロボットを、がんの子供たちに届けようという取り組みが始まった。同社がロボテック会社のSproutel社と共に開発したアヒルを紹介しよう。


静脈探し技術で患者の不満を解消

静脈探し技術で患者の不満を解消

 病院で看護師に「血管が見つかりにくい」と言われたことのある人に朗報だ。検査時などの採血の際、静脈の位置がなかなか見つからず、何度も針を刺されて痛い経験をしたことがある人も少なくないだろう。でも、これがあれば今後はそれほど痛い思いをしなくて済むかもしれない。


ニューロサイエンスを駆使したゲームで人材を採用する企業が続々

ニューロサイエンスを駆使したゲームで人材を採用する企業が続々

アメリカでは昨今、離職率の高さが問題になっている。人事担当者が数多くの履歴書を吟味し、面接を重ねても、それだけでは判断がつかない現実があるようだ。そんな中、候補者の適正を判断するAI搭載ゲームやビデオ面接アプリを使って、その結果で候補者の適正を判断する大手企業が増えているという。


30秒でストレス解消できるブレインテックが登場

30秒でストレス解消できるブレインテックが登場

アリゾナに拠点を置く TouchPoint Solution社が開発したストレス対処のためのブレインテック・ガジェットに注目が集まっている。現在、特許申請中だというこのガジェットには、どんな特徴があるのだろう?


アプリ操作で簡単! ロボット・バーテンダーで本格的なカクテルを

アプリ操作で簡単! ロボット・バーテンダーで本格的なカクテルを

掃除ロボットやハンバーガーを作るロボットなど、次々と新しいマシーンが登場する中、カクテルを作ってくれるロボットが登場した。モバイル・アプリと連動して動くロボット・バーテンダーのキャッチコピーは、「あなたのパーソナル・バーテンダー」だ。自宅にロボットがいたら、飲み過ぎてしまいそう?!


「テックなパジャマ」に全米の男性が夢中?!

「テックなパジャマ」に全米の男性が夢中?!

米家電協会が毎年主催する世界最大規模の家電ショー「CES」。AI関連機器やテック系ガジェットなどの出展が目立つ中、今年のCESで異彩を放っていたのが、Under Armour(アンダーアーマー)が開発した「パジャマ」だ。一見、何の変哲もないように見える商品だが、一体どこがテックなのだろう?


AI相手にチャットで悩みを解決!

AI相手にチャットで悩みを解決!

日本でもメンタル不調者の増加が問題視されているが、アメリカもそれは同じ。Anxiety and Depression Association of America (ADAA)の調べによると、メンタル不調者数は2013年より増加が著しく目立つようになり、現在は18歳以上の人口18%以上が、何らかの心理的問題や疾患を抱えて苦しんでいるという。しかし、そんな悩めるアメリカに救世主が登場?!


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


米ウォルマート、グーグルの自動運転車で送迎テスト

米ウォルマート、グーグルの自動運転車で送迎テスト

北米を制する小売業界の王者、ウォルマートが、元グーグル開発チームによる自動運転車、Waymoと提携し、顧客が購入した商品を自動運転車で受け取りに行けるシステム開発に取り組むことを発表した。オンラインの帝王、アマゾンドットコム社に対抗するための措置とみられている。


テックな水耕栽培で自宅に畑を!

テックな水耕栽培で自宅に畑を!

自宅で手軽に野菜の水耕栽培。それを可能にした技術も、もはや珍しいものではなくなってきたが、35万台の販売実績を誇るCLICK & GROW社の製品は、NASAの技術を応用したテック栽培で大きな支持を得ている。その技術の秘密とは?


無人「買い物デリバリー車」が街をゆく?

無人「買い物デリバリー車」が街をゆく?

 一部の都心を除いては、車なしに生活することは不可能なアメリカ。ミルクひとつ買いに行くだけでも、車を走らせねばならない。そんな生活を一変させるかもしれない、夢のような一般家庭用向けの車の開発が進んでいる。その実態とは?


ダイエットもブレインテックの時代へ!

ダイエットもブレインテックの時代へ!

健康産業の現場で、着々とその存在感を示しつつあるブレインテック。そのテクノロジーを用いてダイエットを成功させるヘッドフォンが誕生し、話題になっている。アイルランドの企業とカリフォルニア大学サンディエゴ校が合同開発した商品とは?


構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

アメリカでもグルメな都市として知られるサンフランシスコに、ハイテクなロボティックス技術を駆使し、有名シェフ監修の元にグルメなハンバーガーを提供する店がオープンした。これまでのハンバーガー・ロボットを大きく超えた、その画期的なビジュアルや技術を紹介しよう!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング