記事総数:458

公開中の記事


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

5歳以下の子供の感染率が高いことから、「小児麻痺」と呼ばれることも多いポリオ。人から人に感染する治療法がない難病だ。1988年以降、発症数は99.9%減少した病気だが、このポリオに“似た病気”がアメリカで増加しているという。


マクドナルドの売上げを超える日本未上陸の米ファストフード店とは?

マクドナルドの売上げを超える日本未上陸の米ファストフード店とは?

ハンバーガーやフライドチキンなど全米展開するファストフード店がひしめくアメリカ。マクドナルド、KFC、バーガーキング、サブウェイ、タコベルなど多くの企業が日本でもビジネスを展開しているが、ここ3年連続で「アメリカで最も愛されているファストフード店」に選ばれた「Chick-fil-A」は、日本未上陸だ。その人気の秘密とは?


銃社会の現実 年間300件を超える銃乱射事件が起きるアメリカ

銃社会の現実 年間300件を超える銃乱射事件が起きるアメリカ

ある日、知らない誰かに突然銃で撃たれて死ぬ……。まるでハリウッド映画に出て来るような話だが、アメリカでは銃乱射事件が数日おきに起きている。今年も、ワシントン州立大学が毎年継続しているアメリカの銃暴力比較の調査結果が発表された。


銀行にカフェ? Wi-Fiやヨガも提供する銀行の新しいカタチ

銀行にカフェ? Wi-Fiやヨガも提供する銀行の新しいカタチ

クレジットカード社会のアメリカでは、オンラインやモバイル・バンキングが早くから普及したため、銀行の窓口に行く機会は日本に比べて少ない。ところが、デジタルでなんでも出来る時代の裏返しか、「人と人のインターアクション」を全面に打ち出したサービスを提供する銀行がこのところ増えている。その一部を紹介しよう。


進化する「Gメール」のジェンダー配慮

進化する「Gメール」のジェンダー配慮

今年5月に発表されたグーグル社の「Smart Compose」機能。Gメールを使った仕事の効率化をバックアップするツールとして、アメリカでは話題になったが、そのツールが今度はさらに進化を続け、ジェンダー配慮を徹底化するという。それはどういうことなのだろう?


隠しカメラを探知できる! 「スパイファインダー・プロ」

隠しカメラを探知できる! 「スパイファインダー・プロ」

「隠しカメラで盗撮された映像がSNSで拡散された」という被害が後を絶たない昨今。いつ誰が、どんな目的でプライバシーを侵害するかが分からないという、困った世の中の必需品になりうる商品として注目を集めるのが「スパイファインダー・プロ」だ。一体、どんな商品なのだろう?


ディズニーも開発! VR、ARの一歩先を行く特殊技術「MR」とは?

ディズニーも開発! VR、ARの一歩先を行く特殊技術「MR」とは?

VR(Virtual Reality/仮想現実)やAR(Augmented Reality/拡張現実)という言葉はすでに世の中に浸透した感があるが、MRという言葉はまだ耳慣れないのでは? MRとはMixed Reality、つまり「複合現実」のこと。時代は確実にこの「MR」に向かっているという。


アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンエイジャー6,000人を対象に実施されたアンケート調査。平均年齢16歳のティーンたちが支持するアパレル・ブランドのベスト10、そしてファストフード・チェーン店のベスト5とは?


モデルたちが細すぎる! 有名セクシー下着メーカー、売上げが減少

モデルたちが細すぎる! 有名セクシー下着メーカー、売上げが減少

アメリカ生まれの下着ブランド、「ヴィクトリアズ・シークレット」(通称VS)。セクシーな下着を身につけた美しいモデルたちの広告で世界的に有名なブランドだ。しかし、最近の欧米女性たちの流れである「リアル・ウーマン主義」に乗り切れず、下着界の王者の座に長年君臨してきたVSが、他ブランドにその座を奪われてしまった……。


パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担当する桜田義孝五輪相が、「自分でパソコンを打ったことがない」ことや「USBを知らない」と報道した日本のニュースを、欧米の大手新聞各紙やウエブメディアが一斉に取り上げ、反響を呼んでいる。アメリカでは各紙の同記事がSNSで拡散され、様々な声が寄せられた。その一部を紹介しよう。


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


アメリカで大ヒット中の「Kombucha」、アルコール入りも登場

アメリカで大ヒット中の「Kombucha」、アルコール入りも登場

アメリカ、特に西海岸のヘルスコンシャスな人たちの間で「コンブチャ」が流行り始めて既に数年が経つが、いよいよ本格的な「コンブチャ・ブーム」が到来。 一般のスーパーマーケットの棚にも様々なコンブチャ・ドリンクのボトルが並ぶようになり、今もっとも成長が速い商品と言われている。そんな中、なんとアルコール入りのコンブチャまで登場した。


こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

ティーンエイジャーにとって最大の悩みのひとつが、ニキビ。成人でも顔や体にあるニキビや吹き出物に悩む人は多い。そんな中、どんなニキビも見事にスッキリと取り除いてしまう美人皮膚科医の存在がインターネット上で広まり、アメリカでは「その女医がニキビを潰す映像を見ること」がサブカルチャー的な人気を誇っているという。



米消費者調査の結果が対極! 保守とリベラルは好きな商品まで異なる

米消費者調査の結果が対極! 保守とリベラルは好きな商品まで異なる

米中間選挙を目前にして、先日発表されたリサーチ機関シモンズによる「アメリカ消費者スタディー2018年冬編」の調査結果を米各紙が取り上げている。アメリカが抱える移民や国民健康保険の問題から地球温暖化まで、ことごとく意見が分かれる保守派とリベラル派だが、食品や洋服のブランドまで二者の好みが極端に異なることが分かった。


米中間選挙:今回は選挙に行く! 勢いづくアメリカの若者たち

米中間選挙:今回は選挙に行く! 勢いづくアメリカの若者たち

米中間選挙まで、あとわずか。 この選挙は米上院下院議員を選出するもので、この結果により議会の与党と野党が入れ替わる可能性があるが、4年に一度の大統領選に比べると中間選挙の得票率は低いのが通常だ。しかし、今回の中間選挙には、普段は投票しない大勢の若者たちが「投票しよう!」と立ち上がる動きが広がっていることが注目されている。


トランプ大統領、米国の「生得権」を廃止する意向を表明

トランプ大統領、米国の「生得権」を廃止する意向を表明

「アメリカで生まれた子供は自動的に米国民である」という米合衆国憲法は、150年前から継続するものだ。しかし、米中間選挙を直前に控えた10月31日、トランプ大統領は、その憲法を廃止する大統領令を発令する意向であることをTV番組のインタビューで述べ、世界を驚かせている。この大統領令の発令は合法なのか?


【11/1追記あり】米国防総省、メキシコ国境へ大規模派兵決定

【11/1追記あり】米国防総省、メキシコ国境へ大規模派兵決定

「不法移民を取り締まるために、メキシコとの国境に壁を建てる」というトランプ大統領の選挙公約は、着々と現実味を増していると言えるかもしれない。米国防総省は10月29日、メキシコとの国境へ大規模な派兵を決定した。


世界的な人気作家スティーヴン・キングが映画化権を1ドルで売却

世界的な人気作家スティーヴン・キングが映画化権を1ドルで売却

ホラー小説家として世界的に知られるアメリカ人作家、スティーヴン・キング氏が、短編小説『エアロバイク』の映画化権をウェールズの学生に1ドルで売却した。キング氏はこれまでに数多くの小説やノンフィクション、脚本などを発表し、そのうちのほとんどが世界中で翻訳され、多くが映画化されている著名作家だが、この売却には理由があるという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング