記事総数:578

公開中の記事


ニューヨーカーが大絶賛、ナルシストでテックな新フィットネス器具

ニューヨーカーが大絶賛、ナルシストでテックな新フィットネス器具

ニューヨークにあるフィットネス機材のフラッグシップ・ショップが連日賑わいを見せている。これまでの常識を覆すその機材、どんな場所にも設置が可能で、かなりスタイリッシュだ。一体、どんなものなのだろう?


渦中の米下着ブランド、トランスジェンダーの起用で挽回できるか?

渦中の米下着ブランド、トランスジェンダーの起用で挽回できるか?

セクシーでゴージャスな下着で知られる米ブランド、「ヴィクトリアズ・シークレット」のファン離れが著しい。年々、「セクシー女性の崇拝は時代にはそぐわない」という風潮が強くなる中、昨秋の同社による「トランスセクシャルは採用しない」発言が炎上し、恒例のランウェイショーの中止にまで追い込まれた。同社が考えた挽回策は……?


秋の風物詩はスタバに続け?! 「パンプキン・スパイス風味」のスパム

秋の風物詩はスタバに続け?! 「パンプキン・スパイス風味」のスパム

ハワイや沖縄のソフルフードともいえる「スパムむすび」でお馴染みの缶入りのランチョンミート、「スパム(SPAM)」。食べたことがない人でも、その存在を知らない人は少ないはずだ。そのスパムがアメリカ市場において秋限定で「パンプキン・スパイス風味」を販売すると発表し、「いくらなんでも行き過ぎでは?」とSNSがざわついている。


ヴィーガンが崇める植物製肉「ビヨンド・ミート」の勢いが止まらない!

ヴィーガンが崇める植物製肉「ビヨンド・ミート」の勢いが止まらない!

「健康維持と環境保護ができる代替肉ブーム」が、北米で止まらない勢いを見せている。なかでも、植物ベースの代替肉としてベジタリアンやヴィーガンなどの健康志向の人たちを中心に大人気の「ビヨンド・ミート」は、今年5月に上場して以来、株価が2カ月弱で9倍にまで上昇。一時はIPO幹事行が投資判断を引き下げたほど注目が集まっている。


世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

米カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港が、8月20日から空港内における使い捨ての飲料水入りペットボトルの販売を禁止することを発表した。世界的にプラスチック製ゴミの問題が大きくなる中、それを減らすために市をあげて取り組む姿勢だ。


今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

先月開催されたアマゾン・ドットコム社による恒例の大バーゲン、アマゾン・プライムデー。毎年、たった1日で爆発的に売れた商品がいくつか出現するので、話題になる。今年アメリカで飛び抜けて売れた商品を紹介しよう。


キワモノ・アイスクリーム対決! ホットドッグが調味料には負けられない!

キワモノ・アイスクリーム対決! ホットドッグが調味料には負けられない!

アメリカ人はアイスクリームが好きだ。子供たちだけでなく、ティーンエイジャーも大人も高齢者も、食後のデザートやおやつにアイスクリームを食べる。だからと言って、ホットドッグ味やマスタード味のアイスクリームをわざわざ食べたいと思う人がいるのだろうか?


アメリカとメキシコの国境の壁を挟んだピンクのシーソー

アメリカとメキシコの国境の壁を挟んだピンクのシーソー

アメリカとメキシコの国境の壁を挟んで設置したピンク色のシーソーで子供たちが遊ぶ映像がSNSを賑わせている。国境周辺の状況が悪化している中、人々に結束や調和を訴える目的で米カリフォルニア州にある大学の二人の教授が仕掛けた「アート・インスタレーション・イベント」だという。


可愛い子犬たちと泡が部屋に届くルームサービス?!

可愛い子犬たちと泡が部屋に届くルームサービス?!

米キンプトン・ホテルチェーンの「ホテル・モナコ・デンバー」が、8月26日の「National Dog Day」を祝い、部屋に子犬たちとスパークリングワインのボトルが届くパッケージを提供することを発表。そのプロモーション写真の犬たちの可愛らしさでSNSが沸いている。


空を飛ぶ夢の国、ディズニー・エアラインの誕生か?

空を飛ぶ夢の国、ディズニー・エアラインの誕生か?

子供から大人まで世界中に多くのファンを持つエンターテイメント・ビジネス界のトップランナー、ウォルト・ディズニー・カンパニー社が、独自の航空会社をまもなく設立するという噂が浮上している。これまでにも何度か噂になったことがあるが、今回はかなり信憑性が高いと業界がざわついているらしい。「空飛ぶ夢の国」は実現するのだろうか?


日本の「べんとう箱」をアメリカ人がローカライズすると?

日本の「べんとう箱」をアメリカ人がローカライズすると?

日本語の「弁当(べんとう)」という単語が、「Bento」として欧米文化に浸透するようになってから久しい。今では「べんとうばこ」=「Bento Box」の説明も欧米を代表する辞書に掲載されるようになった。とはいえ、日本の弁当箱そのものがアメリカに定着したのではない。あくまで米市場に出回っているのはアメリカ人が考える「Bento Box」だ。


アメリカで最もビジネスに適した州、2019年の第1位は?

アメリカで最もビジネスに適した州、2019年の第1位は?

今年も米CNBC恒例の「ビジネスに最適な州ランキング」の調査結果が発表された。大手日本企業各社の進出先として全米から注目を集めたテキサス州は、昨年の1位から2位の座へ転落。そのテキサス州を抜いて堂々1位の座についたのは、昨年4位から浮上したバージニア州だ。


アメリカで電子タバコ製品が買えなくなる? サンフランシスコで規制

アメリカで電子タバコ製品が買えなくなる? サンフランシスコで規制

日本でも需要が高まる電子タバコ。アメリカでは、電子タバコは若い世代、特にティーンエイジャーたちの間で圧倒的に支持されている。そんな中、未成年者をニコチン中毒から守るために、カリフォルニア州のサンフランシスコ市が先月、電子タバコの販売を禁止する法案を可決した。


アメリカ人がリタイア後に暮らしたい場所は?

アメリカ人がリタイア後に暮らしたい場所は?

将来、「海外でのリタイア」を夢みる人は、少なからずいるだろう。アメリカで引退することを考えた場合、日本人ならば理想の場所として、ハワイやカリフォルニアなどを思い浮かべるかもしれない。しかし、この2州は見方によっては「最も住むべきではない州」らしい。少なくともアメリカ人の多くが敬遠する、その理由とは?


アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカでは、夏の行楽シーズンや、卒業・学年末などのシーズンになると「SignUpGenius(サインナップ・ジニアス)」というサイトを使ったEメールが頻繁に飛び交う。学校やサークル、ボランティア活動、様々な集会などに欠かせない便利なツールの具体的な使われ方とは?


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

世界的に有名な米女性歌手、レディー・ガガ。楽曲やパフォーマンスはもちろん、ファッショニスタとしても注目される彼女自身のプロデュースによる初のビューティー・ブランド「Haus Laboratories」がローンチする。しかも、アマゾン・ドットコム社の独占販売になるという。


アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

夏、真っ盛り! 旅行やイベントなどの予定がある人も多い中、海外旅行や野外イベントに行くときに、ちょっと心配なのが貴重品の管理だ。大勢が集まる場所や海外ではスリやひったくりに遭わないよう、昔ながらの腹巻型の貴重品入れに財布やパスポートを入れて持ち歩く人もいるのでは? そんなあなたにオススメなのが、このアイデア靴下だ。


アメリカらしい新ビジネス、社会貢献を定期購入?

アメリカらしい新ビジネス、社会貢献を定期購入?

アメリカでは社会貢献活動が生活の一部に根付いている。寄付やボランティア活動など、多くの人が何らかの形で定期的に社会や地域を良くするための活動を支援しているが、そんなアメリカにおける文化的な慣習に目をつけた、ちょっと変わった新しいビジネスが登場して話題になっている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング