記事総数:485

公開中の記事


卵じゃない卵?! これからの世界を見据えた「植物から作った卵」

卵じゃない卵?! これからの世界を見据えた「植物から作った卵」

肉と魚を食べないベジタリアンや、乳製品も食べないヴィーガンも多いアメリカでは、植物から作った加工食品が数多く販売されている。なかでも注目されている商品が、栄養価が卵と同様に高く、味も見た目も卵にそっくりな「Just Egg」なる商品だ。それを開発・販売するジャスト社が日本の酪農家と組んで新商品を開発中だという。


パーティーを盛り上げるゲームの主役はトランプ大統領?!

パーティーを盛り上げるゲームの主役はトランプ大統領?!

アメリカではホリデーシーズンに集まる親族や友人たちと食後のテーブルを囲んでボードゲームを楽しむことが多い。デジタル化が進んだ今でもその需要は高いが、世相を表すものは特に人気がある。そんな中、特に注目されているトランプ大統領関連ゲームを紹介しよう。


スターバックス全米直営店2,000店舗で来春から宅配開始

スターバックス全米直営店2,000店舗で来春から宅配開始

とうとうバリスタが淹れたエスプレッソやカフェラテが自宅に届く時代がやってきた。スターバックス社が来春から全米規模でコーヒーの宅配サービスを開始する。部屋着のままでフラペチーノが飲めることを喜ぶ人もいれば、コーヒーまで宅配できると外出が減りそうだと心配する声も。同社のこの動きは業界のテクノロジー化に拍車を掛けそうだ。


様々な人の人生を子供に伝える「Kids Meet」

様々な人の人生を子供に伝える「Kids Meet」

米シアトル発の子供向けYouTubeチャンネル「HiHo Kids」が、子供だけでなく大人たちの間でも人気だ。なかでも同チャンネルの「Kids Meet」というシリーズが多くの人たちに感動を与えている。一体、どんな番組なのか?


アメリカでは月収がいくらあれば一軒家が借りられるのか?

アメリカでは月収がいくらあれば一軒家が借りられるのか?

アメリカの大都市では不動産が年々高騰し、ニューヨークやサンフランシスコのような大都市では一軒家の家賃は驚くほど高額になった。とはいえ、50州ある広大なアメリカでは各州の物価が大幅に異なるため、「こんな金額の家賃を払えるのか?」と驚愕する州もあれば、「これなら払えそう」というような州もある。各州の平均家賃の現状とは?


ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ベンチャー・テック企業がひしめく大都市、サンフランシスコ。一大観光地でもある同市のダウンタウンに今年、「ロボットがバリスタ」という無人コーヒー・バーが誕生し、話題になっている。洗練されたデザインのカプセルの中で、エスプレッソやコールド・ブリュー・コーヒーをロボット・バリスタが提供する「Cafe X」を紹介しよう。


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

5歳以下の子供の感染率が高いことから、「小児麻痺」と呼ばれることも多いポリオ。人から人に感染する治療法がない難病だ。1988年以降、発症数は99.9%減少した病気だが、このポリオに“似た病気”がアメリカで増加しているという。


マクドナルドの売上げを超える日本未上陸の米ファストフード店とは?

マクドナルドの売上げを超える日本未上陸の米ファストフード店とは?

ハンバーガーやフライドチキンなど全米展開するファストフード店がひしめくアメリカ。マクドナルド、KFC、バーガーキング、サブウェイ、タコベルなど多くの企業が日本でもビジネスを展開しているが、ここ3年連続で「アメリカで最も愛されているファストフード店」に選ばれた「Chick-fil-A」は、日本未上陸だ。その人気の秘密とは?


銃社会の現実 年間300件を超える銃乱射事件が起きるアメリカ

銃社会の現実 年間300件を超える銃乱射事件が起きるアメリカ

ある日、知らない誰かに突然銃で撃たれて死ぬ……。まるでハリウッド映画に出て来るような話だが、アメリカでは銃乱射事件が数日おきに起きている。今年も、ワシントン州立大学が毎年継続しているアメリカの銃暴力比較の調査結果が発表された。


銀行にカフェ? Wi-Fiやヨガも提供する銀行の新しいカタチ

銀行にカフェ? Wi-Fiやヨガも提供する銀行の新しいカタチ

クレジットカード社会のアメリカでは、オンラインやモバイル・バンキングが早くから普及したため、銀行の窓口に行く機会は日本に比べて少ない。ところが、デジタルでなんでも出来る時代の裏返しか、「人と人のインターアクション」を全面に打ち出したサービスを提供する銀行がこのところ増えている。その一部を紹介しよう。


進化する「Gメール」のジェンダー配慮

進化する「Gメール」のジェンダー配慮

今年5月に発表されたグーグル社の「Smart Compose」機能。Gメールを使った仕事の効率化をバックアップするツールとして、アメリカでは話題になったが、そのツールが今度はさらに進化を続け、ジェンダー配慮を徹底化するという。それはどういうことなのだろう?


隠しカメラを探知できる! 「スパイファインダー・プロ」

隠しカメラを探知できる! 「スパイファインダー・プロ」

「隠しカメラで盗撮された映像がSNSで拡散された」という被害が後を絶たない昨今。いつ誰が、どんな目的でプライバシーを侵害するかが分からないという、困った世の中の必需品になりうる商品として注目を集めるのが「スパイファインダー・プロ」だ。一体、どんな商品なのだろう?


ディズニーも開発! VR、ARの一歩先を行く特殊技術「MR」とは?

ディズニーも開発! VR、ARの一歩先を行く特殊技術「MR」とは?

VR(Virtual Reality/仮想現実)やAR(Augmented Reality/拡張現実)という言葉はすでに世の中に浸透した感があるが、MRという言葉はまだ耳慣れないのでは? MRとはMixed Reality、つまり「複合現実」のこと。時代は確実にこの「MR」に向かっているという。


アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンエイジャー6,000人を対象に実施されたアンケート調査。平均年齢16歳のティーンたちが支持するアパレル・ブランドのベスト10、そしてファストフード・チェーン店のベスト5とは?


モデルたちが細すぎる! 有名セクシー下着メーカー、売上げが減少

モデルたちが細すぎる! 有名セクシー下着メーカー、売上げが減少

アメリカ生まれの下着ブランド、「ヴィクトリアズ・シークレット」(通称VS)。セクシーな下着を身につけた美しいモデルたちの広告で世界的に有名なブランドだ。しかし、最近の欧米女性たちの流れである「リアル・ウーマン主義」に乗り切れず、下着界の王者の座に長年君臨してきたVSが、他ブランドにその座を奪われてしまった……。


パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担当する桜田義孝五輪相が、「自分でパソコンを打ったことがない」ことや「USBを知らない」と報道した日本のニュースを、欧米の大手新聞各紙やウエブメディアが一斉に取り上げ、反響を呼んでいる。アメリカでは各紙の同記事がSNSで拡散され、様々な声が寄せられた。その一部を紹介しよう。


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


アメリカで大ヒット中の「Kombucha」、アルコール入りも登場

アメリカで大ヒット中の「Kombucha」、アルコール入りも登場

アメリカ、特に西海岸のヘルスコンシャスな人たちの間で「コンブチャ」が流行り始めて既に数年が経つが、いよいよ本格的な「コンブチャ・ブーム」が到来。 一般のスーパーマーケットの棚にも様々なコンブチャ・ドリンクのボトルが並ぶようになり、今もっとも成長が速い商品と言われている。そんな中、なんとアルコール入りのコンブチャまで登場した。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング