記事総数:613

公開中の記事


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


ストレス過多の味方! 「重い毛布」トレンドで米寝具市場が熱い

ストレス過多の味方! 「重い毛布」トレンドで米寝具市場が熱い

ストレスは万病の敵。少しでもストレスを軽減するための商品は星の数ほどあれど、数年前から注目されている「重い毛布(Weighted Blankets)」の市場の成長が止まらない。大手もキックスターター企業も入り乱れ、重い毛布が次々と市場に登場。今年のクリスマス商戦の目玉商品のひとつになることは間違いなさそうだ。


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


ベビーブーマー老人は黙れ!「OK、ブーマー」グッズ、若者に人気爆発

ベビーブーマー老人は黙れ!「OK、ブーマー」グッズ、若者に人気爆発

アメリカではミレニアルやZ世代が、ベビーブーム世代を揶揄する「OKブーマー(boomer)」というスラングがSNSの「TikTok」で大ブレイク。先週、ニュージーランド議会で若手女性議員が、自分にヤジを飛ばした年配議員に一言、「OK、ブーマー」と言い放って黙らせた映像がSNSで世界に拡散されたことも手伝い、「OK BOOMER」グッズの人気が爆発中だ。


植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

アメリカではヘルシー志向や健康上の理由から乳製品を避ける人口が増え、今ではどのスーパーマーケットに行っても、植物から作られた牛乳の代用飲料がずらりと並んでいる。豆乳、ココナッツ・ミルク、アーモンド・ミルク、オーツ・ミルク、米ミルク……。植物性ミルクは、牛乳よりもヘルシーなのだろうか?


14歳の少女による発明が優勝! 賞金25,000ドル

14歳の少女による発明が優勝! 賞金25,000ドル

若者たちの科学、技術、エンジニアリング、数学の力を伸ばす「STEM教育」に力を入れているアメリカでは、全米各地でSTEM系のコンテストが開催されている。そんな中、「お母さんのために」と思いついた「死角をなくす」発明が評価された14歳の少女に25,000ドル(約270万円)の賞金が授与された。


アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

米アップル社が、本社のあるカリフォルニア州の住宅供給危機の緩和に向け、25億ドル(日本円で約2,700億円)という巨額の資金を拠出することを発表した。同州では企業家や大企業従事者とそうでない人たちとの収入の格差が拡大し、それ以外にも様々な要因が重なって、これまで長年住んでいた家のローンやアパートの家賃が払えない人が続出。ホームレスも増加している。


解任された米マクドナルドCEO、退職金のゆくえは?

解任された米マクドナルドCEO、退職金のゆくえは?

ファストフード大手の米マクドナルドは今月3日、スティーブ・イースターブルック社長兼最高経営責任者(CEO)が、部下と恋愛関係を持ったため解任したと発表した。合意の上の関係でも解任された敏腕元CEOの今回のニュースを巡り、現在の米企業各社のコンプライアンス重視の気運が見てとれる。


民泊の米Airbnb、殺人事件を受けて民泊先でのパーティー禁止

民泊の米Airbnb、殺人事件を受けて民泊先でのパーティー禁止

民泊ビジネスを世界各国に広めた米Airbnb。誰でも気軽に利用できる民泊の手軽さが大きく支持されている中、宿泊とは異なる目的でレンタルする利用者がいることが以前から問題になっていた。そんな中、家主に「宿泊」と偽ってレンタルした家で開催したハロウィン・パーティーで銃撃事件が起きてしまった。


マイクロソフトが米国防省のクラウド契約を獲得

マイクロソフトが米国防省のクラウド契約を獲得

米国防省、通称「ペンタゴン」のクラウド・コンピューティング契約をマイクロソフト社が獲得した。これは破竹の勢いで拡大を続けるアマゾンドットコム社(AWS)が取ると見られていたため、米国防省のこの決定に業界がざわついている。


米大手量販店、車椅子の子供たちのためのハロウィン衣装を販売

米大手量販店、車椅子の子供たちのためのハロウィン衣装を販売

毎年10月31日はハロウィン。アメリカでは、子供たちが思い思いの衣装を身にまとって、「トリック・オア・トリート」と言いながら近所を練り歩いてお菓子をもらう、子供たちのための恒例イベントだ。全米展開する大手量販店ターゲットでは、豊富なハロウィン衣装のラインナップに車椅子の子供たちのための衣装を加え、好評を博している。


ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

アメリカ生活には欠かせない食べ物のひとつ、ドーナツ。子供たちだけでなく、大人も大好きなスイーツだ。「おやつ」のイメージが強いドーナツだが、ビールと合わせてドーナツを楽しむことをトレンドにしようと頑張る人たちがいる。


マインドフルネスの味方! テックな瞑想クッション

マインドフルネスの味方! テックな瞑想クッション

「マインドフルネス」という言葉がアメリカに浸透して久しいが、「マインドフルネス」を手に入れるために最も推進されているのが「瞑想」だ。グーグル社などの大企業や米軍など、生産性の向上のために精力的に瞑想を取り入れている組織も多い。そんな中、慣れない人でもすぐに深い瞑想に入れるように開発中の商品が早くも話題になっている。


無償の愛! 高齢になった愛犬を救う、アメリカの非営利団体

無償の愛! 高齢になった愛犬を救う、アメリカの非営利団体

お年寄りが大切にしていたペットが、飼い主の病気や死去のため、行き場を失ってしまうことがある。飼い主とともに高齢になったペットは、新しい貰い手を見つけるのが特に大変だ。アメリカには動物愛護団体が多いが、高齢のペットを支援している非営利団体もある。その活動内容は、高齢化が進む日本でも何かのヒントになるかも知れない。


待望のUNDER ARMOURの宇宙服、公開!初の宇宙旅行は来年

待望のUNDER ARMOURの宇宙服、公開!初の宇宙旅行は来年

いよいよ「90分の宇宙飛行」の開始を来年に予定するヴァージン・ギャラクティック社が、スポーツウェア・ブランド「UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)」と提携して開発した宇宙服を発表した。その画期的なデザインとは?


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

米デルタ航空は今月6日、パイロットやメカニックなどの全クルーを女性だけで運行させた機体に、120人の女子学生を乗せてヒューストンのNASAへ招待した。その様子を映像に収めた撮影クルーも全員女性という徹底ぶり。その映像リンクも!


アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

日本でも大人気のタピオカ・ミルクティー。アイスティーをはじめとするタピオカ入りドリンクの人気がアメリカでも沸騰し、全米に様々な店舗が現れている中、各社が斬新なブランド・イメージや独自メニューを打ち出して競争している。


「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」が、「牛肉などの赤身肉を控えても健康上のメリットはない」という調査結果を公開し、菜食主義者や健康を気遣うヘルスコンシャスな人が日々増え続けているアメリカが揺れている。これまでの通説を覆すこの研究発表に対して、主要な国際機関からも反発がおきている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング