記事総数:458

公開中の記事


30秒でストレス解消できるブレインテックが登場

30秒でストレス解消できるブレインテックが登場

アリゾナに拠点を置く TouchPoint Solution社が開発したストレス対処のためのブレインテック・ガジェットに注目が集まっている。現在、特許申請中だというこのガジェットには、どんな特徴があるのだろう?


「ライフル」という町の驚愕レストラン

「ライフル」という町の驚愕レストラン

米コロラド州に、変わった地名の町がある。その町の名は、「ライフル」。人口1万人強の小さな町だが、その地名を体現するようなコンセプトのレストランが、にわかに注目を集めている


彼の大切なブツは「パンツ」の中に?!

彼の大切なブツは「パンツ」の中に?!

今やアイデア商材の商品化には、欠かせない資金調達法となっているキック・スターター。日々、驚くような商品に資金がついているが、いざ商品化に漕ぎつけても、すぐに市場から消えてしまう商品がほとんどだ。そんな中、サンフランシスコの男性下着メーカーが販売する奇抜な下着は、年々売れ行きを伸ばしているという。


地球に優しいニュー・トレンド、窓辺の電力発電

地球に優しいニュー・トレンド、窓辺の電力発電

環境に優しいと言われる太陽光発電は、屋根の上にパネルを設置するのが一般的。光熱費削減というメリットがあるが、大掛かりな工事と高額な費用が必要なため、二の足を踏む人も多い。そんな人に朗報。もっと手軽に自宅で太陽光発電ができそうだ。


グウィネス・パルトロー率いるeコマース「Goop」、成功の秘訣

グウィネス・パルトロー率いるeコマース「Goop」、成功の秘訣

米People誌の選ぶ「世界で最も美しい人」に輝いたこともある、現役ハリウッド女優のグヴィネス ・パルトロウ。その彼女が創設し、CEOをつとめるeコマース「Goop」が、アメリカで絶大な人気を博し、急速にビジネスを拡大している。グウィネスのようなセレブなライフスタイルを新しい形で提案する「Goop」とは?


アメリカに浸透する「カリフラワー食」

アメリカに浸透する「カリフラワー食」

一般的に流通する野菜のひとつだったカリフラワーが、4〜5年前からニューヨークやロサンゼルスなどの米沿岸都市部で脚光を浴び始め、 今や最も人気のあるヘルシー野菜の代名詞になった。控えめなサイドディッシュでしかなかったカリフラワーが、なぜ、アメリカでこれほどウケたのだろう?


アプリ操作で簡単! ロボット・バーテンダーで本格的なカクテルを

アプリ操作で簡単! ロボット・バーテンダーで本格的なカクテルを

掃除ロボットやハンバーガーを作るロボットなど、次々と新しいマシーンが登場する中、カクテルを作ってくれるロボットが登場した。モバイル・アプリと連動して動くロボット・バーテンダーのキャッチコピーは、「あなたのパーソナル・バーテンダー」だ。自宅にロボットがいたら、飲み過ぎてしまいそう?!


メラニア・トランプのファッション、HOW MUCH?

メラニア・トランプのファッション、HOW MUCH?

常に華やかでスタイリッシュ、カジュアルからフォーマルまで完璧に着こなすメラニア米大統領夫人。現在はアメリカ国籍だが、スロベニアからの移民で、渡米前はその180㎝の長身を生かしてモデルとして活動していた。今日はそんな彼女のファッションにフォーカスを当ててみよう。


人気の「Moon Juice」、カリスマ社長の商法とは

人気の「Moon Juice」、カリスマ社長の商法とは

美と健康を追求するアメリカ人女性の多くは自分の目標像が明確。最近は「頑張れば自分もそうなれるかもしれない」と思える距離感にいる美しい女性たちが、カルト的な人気を博している。有機植物コスメや美容食を販売する「Moon Juice」の社長は、そんな女性の一人。彼女のライフスタイルに憧れるファンが多く、商品の生産が追いつかないという。


総資産350万ドル! 15歳のインフルエンサー「JoJo」の魅力

総資産350万ドル! 15歳のインフルエンサー「JoJo」の魅力

アメリカで最も成功しているティーンのインフルエンサー、ジョジョ・シワ(JoJo Siwa)は若干15歳。YouTubeで人気を博し、自らのトレードマークである大きなリボンの販売で、すでに億万長者の仲間入りを果たした。ジョジョとは、どんな少女なのだろう?


「テックなパジャマ」に全米の男性が夢中?!

「テックなパジャマ」に全米の男性が夢中?!

米家電協会が毎年主催する世界最大規模の家電ショー「CES」。AI関連機器やテック系ガジェットなどの出展が目立つ中、今年のCESで異彩を放っていたのが、Under Armour(アンダーアーマー)が開発した「パジャマ」だ。一見、何の変哲もないように見える商品だが、一体どこがテックなのだろう?


AI相手にチャットで悩みを解決!

AI相手にチャットで悩みを解決!

日本でもメンタル不調者の増加が問題視されているが、アメリカもそれは同じ。Anxiety and Depression Association of America (ADAA)の調べによると、メンタル不調者数は2013年より増加が著しく目立つようになり、現在は18歳以上の人口18%以上が、何らかの心理的問題や疾患を抱えて苦しんでいるという。しかし、そんな悩めるアメリカに救世主が登場?!


「棚ぼたアメリカン・ドリーム」を手に入れた人たち

「棚ぼたアメリカン・ドリーム」を手に入れた人たち

「あの時、たまたまそこに居会わせなかったら……」。幸運を掴むには努力と運の両方が必要と言われるが、世の中には「棚ぼた」と言われるような成功例も多々ある。今回は、「棚ぼたアメリカン・ドリーム」と言われるケースをいくつかご紹介しよう。


折り畳み式カヤックで暑い夏を乗り切ろう!

折り畳み式カヤックで暑い夏を乗り切ろう!

今夏の日本は猛暑だが、今年は世界各地で記録的な気温の上昇がみられ、アメリカでも死者が出ているほど暑い日が続いている。そんな猛暑を乗り切るための様々なアイテムが販売されている中、アメリカで売れ行きがよい商品のひとつが「折り畳み式カヤック」だ。


ペプシコの名物CEO退任 女性CEO企業数が昨年より減少

ペプシコの名物CEO退任 女性CEO企業数が昨年より減少

アメリカのトップ500企業において、昨年は史上初めて女性がCEOの企業数が32社まで増え、全体の約6%となった。しかし今月6日、ペプリコのリーダーとして12年間、同社を牽引してきた敏腕女性CEO、インドラ・ヌーイ氏が秋に退任することを発表し、米大企業における女性経営者のパイオニアが経営の第一線から退くことを惜しむ声があがっている。


電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

世界的な高級ブランド・コングロマリットであるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)社。同社が所有する全ブランドの北米における広告を、電通の海外企業である電通イージス・ネットワークが行うことが決定した。LVMHは 昨年だけで北米市場になんと3億8,600万ドル(約428億円)もの広告費を使っている。


世界の種子を制するモンサントを告訴した米男性、奇跡の勝訴!

世界の種子を制するモンサントを告訴した米男性、奇跡の勝訴!

とうもろこしや大豆など遺伝子組換え種子や農薬を生産販売してきた多国籍バイオ化学メーカー、モンサント社の主力除草剤「ラウンドアップ」。これに発がん性があることを隠して販売していたとして、末期がんを宣告された男性が同社を告訴していた裁判で11日、男性側が勝訴。モンサントは約320億円の賠償金の支払いを命じられた。


未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

ここ数週間、アメリカで笑いが伴う話題に上るようになった日本企業、ワキノ広告社。BizSeeds編集部はアメリカにあるため、この会社が日本でどれほどの知名度があるのか分からないが、ワキノ広告社が販売する驚きの広告スペースに、アメリカ人が失笑中だ。


米自動車大手GMに最年少シンデレラCFOが誕生

米自動車大手GMに最年少シンデレラCFOが誕生

9月から米ゼネラル・モーターズ社(GM)の最高財務責任者(CFO)に39歳の女性が就任する。これにより同社過去最強との呼び声も高い敏腕女性社長、メアリー・バーラCEOが率いるGMのイメージが、さらに変わりそうだ。男性中心の自動車産業で唯一、女性がトップを務めるGMのジェンダー・バランスは業界を変えていくのだろうか。


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング