記事総数:512

公開中の記事


アメリカで今、最も有名な日本人「こんまり」のメソッドが炎上中?

アメリカで今、最も有名な日本人「こんまり」のメソッドが炎上中?

日本で2010年に出版された『人生がときめく片付けの魔法』が100万部を超えるベストセラーになった“片付けコンサルタント”の近藤麻理恵さん。アメリカでの人気が高まり、Netflixの冠番組も大反響を呼んでいるが、フォロワーの賞賛意見と共に、「こんまりの言うことなど聞くな」という反対意見も飛び交い、SNSを賑わせている。


インディアナ州では1ドルで家が買える?

インディアナ州では1ドルで家が買える?

若者たちが都会に職を求め、高齢化が進んだ日本の過疎地では、廃墟と化した家がタダ同然で売られているが、アメリカにも似たようなケースがある。インディアナ州ゲイリー市が「都市の再生」を掲げて打ち出した秘策は、「1ドル住宅プログラム」。あなたはこれらの家を買いたいと思うだろうか?


寒い冬の味方、腕時計型の温度調整ガジェット

寒い冬の味方、腕時計型の温度調整ガジェット

底冷えする寒い季節には、部屋の暖房をつけ続けたり、ときには室内でも服を着こまざるを得ない日も多いはず。そんな冬にぜひ手にしたい携帯型の新ガジェットがアメリカで発売された。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


大人もハマる?! CIAの子供用スパイ・トレーニング

大人もハマる?! CIAの子供用スパイ・トレーニング

『007』、『ミッション・インポッシブル』、『ボーン・アイデンティティー』など、ハリウッド映画にはスパイを題材とする作品がたくさんある。手に汗握るシーンの連続に、一度はスパイに憧れた人も多いかもしれない。そんなスパイの総本山、アメリカのCIAには子供用のプログラムもあるのだ。


ビール好きの楽園! ビール飲み放題の醸造所ホテル

ビール好きの楽園! ビール飲み放題の醸造所ホテル

それぞれの作り手によって味や風味が異なるクラフトビールの人気が高まっている。アメリカでは6,300以上のクラフトビール醸造所やブルワリーがあると言われるが、昨夏、世界初と言われる「クラフトビール醸造所の中にあるホテル」が誕生し、ビール好きな人たちの夢のディスティネーションとして話題を呼んでいる。


卵じゃない卵?! これからの世界を見据えた「植物から作った卵」

卵じゃない卵?! これからの世界を見据えた「植物から作った卵」

肉と魚を食べないベジタリアンや、乳製品も食べないヴィーガンも多いアメリカでは、植物から作った加工食品が数多く販売されている。なかでも注目されている商品が、栄養価が卵と同様に高く、味も見た目も卵にそっくりな「Just Egg」なる商品だ。それを開発・販売するジャスト社が日本の酪農家と組んで新商品を開発中だという。


パーティーを盛り上げるゲームの主役はトランプ大統領?!

パーティーを盛り上げるゲームの主役はトランプ大統領?!

アメリカではホリデーシーズンに集まる親族や友人たちと食後のテーブルを囲んでボードゲームを楽しむことが多い。デジタル化が進んだ今でもその需要は高いが、世相を表すものは特に人気がある。そんな中、特に注目されているトランプ大統領関連ゲームを紹介しよう。


スターバックス全米直営店2,000店舗で来春から宅配開始

スターバックス全米直営店2,000店舗で来春から宅配開始

とうとうバリスタが淹れたエスプレッソやカフェラテが自宅に届く時代がやってきた。スターバックス社が来春から全米規模でコーヒーの宅配サービスを開始する。部屋着のままでフラペチーノが飲めることを喜ぶ人もいれば、コーヒーまで宅配できると外出が減りそうだと心配する声も。同社のこの動きは業界のテクノロジー化に拍車を掛けそうだ。


様々な人の人生を子供に伝える「Kids Meet」

様々な人の人生を子供に伝える「Kids Meet」

米シアトル発の子供向けYouTubeチャンネル「HiHo Kids」が、子供だけでなく大人たちの間でも人気だ。なかでも同チャンネルの「Kids Meet」というシリーズが多くの人たちに感動を与えている。一体、どんな番組なのか?


アメリカでは月収がいくらあれば一軒家が借りられるのか?

アメリカでは月収がいくらあれば一軒家が借りられるのか?

アメリカの大都市では不動産が年々高騰し、ニューヨークやサンフランシスコのような大都市では一軒家の家賃は驚くほど高額になった。とはいえ、50州ある広大なアメリカでは各州の物価が大幅に異なるため、「こんな金額の家賃を払えるのか?」と驚愕する州もあれば、「これなら払えそう」というような州もある。各州の平均家賃の現状とは?


ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ベンチャー・テック企業がひしめく大都市、サンフランシスコ。一大観光地でもある同市のダウンタウンに今年、「ロボットがバリスタ」という無人コーヒー・バーが誕生し、話題になっている。洗練されたデザインのカプセルの中で、エスプレッソやコールド・ブリュー・コーヒーをロボット・バリスタが提供する「Cafe X」を紹介しよう。


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

5歳以下の子供の感染率が高いことから、「小児麻痺」と呼ばれることも多いポリオ。人から人に感染する治療法がない難病だ。1988年以降、発症数は99.9%減少した病気だが、このポリオに“似た病気”がアメリカで増加しているという。


マクドナルドの売上げを超える日本未上陸の米ファストフード店とは?

マクドナルドの売上げを超える日本未上陸の米ファストフード店とは?

ハンバーガーやフライドチキンなど全米展開するファストフード店がひしめくアメリカ。マクドナルド、KFC、バーガーキング、サブウェイ、タコベルなど多くの企業が日本でもビジネスを展開しているが、ここ3年連続で「アメリカで最も愛されているファストフード店」に選ばれた「Chick-fil-A」は、日本未上陸だ。その人気の秘密とは?


銃社会の現実 年間300件を超える銃乱射事件が起きるアメリカ

銃社会の現実 年間300件を超える銃乱射事件が起きるアメリカ

ある日、知らない誰かに突然銃で撃たれて死ぬ……。まるでハリウッド映画に出て来るような話だが、アメリカでは銃乱射事件が数日おきに起きている。今年も、ワシントン州立大学が毎年継続しているアメリカの銃暴力比較の調査結果が発表された。


銀行にカフェ? Wi-Fiやヨガも提供する銀行の新しいカタチ

銀行にカフェ? Wi-Fiやヨガも提供する銀行の新しいカタチ

クレジットカード社会のアメリカでは、オンラインやモバイル・バンキングが早くから普及したため、銀行の窓口に行く機会は日本に比べて少ない。ところが、デジタルでなんでも出来る時代の裏返しか、「人と人のインターアクション」を全面に打ち出したサービスを提供する銀行がこのところ増えている。その一部を紹介しよう。


進化する「Gメール」のジェンダー配慮

進化する「Gメール」のジェンダー配慮

今年5月に発表されたグーグル社の「Smart Compose」機能。Gメールを使った仕事の効率化をバックアップするツールとして、アメリカでは話題になったが、そのツールが今度はさらに進化を続け、ジェンダー配慮を徹底化するという。それはどういうことなのだろう?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング